材料(4人分)       
トマト・・・大6個
たまねぎ・・・中2個
飛騨牛肉・・・300g
塩・コショウ・・・少々
小麦粉・・・少々
バター・・・30g

ウスターソース・・・大さじ6
砂糖・・・小さじ1
コンソメ・・・少々
赤ワイン・・・大さじ1
しょうゆ・・・小さじ1

A

●作り方
1. トマトは半分に切りヘタの部分をとり大きな鍋に入れ鍋のふたをして煮る。柔らかくなって煮えたら鍋の中ですりこぎでつぶす。ガスを止め少し冷めたらざるにすりこぎでトマトをこしてジュースにする。。
2. たまねぎ中2個はスライスして鍋でバターとよく炒める。
3. 飛騨牛に塩、コショウをして小麦粉をふりかけフライパンに油を少量入れて炒める。
4. AにBを入れて@のトマトジュースを入れAを入れアクをとりながら約20分煮る。
5. 器にライスを盛り、ルーをかけて出来上がり。熱いうちにお召し上がりください。。
   
 

翌日のほうが味がしみ込んでおいしいですよ!



 


材料(2人分)       
飛騨牛モモ肉…………150g
エリンギ…………………2本
酢・白ワイン………各小さじ1
トマト……………………1個
タマネギ………………1/4個
くずきり…………………40g

ドレッシング
(白ワイン大さじ2、オリーブ油大さじ1、酢大さじ1.5、粒マスタード大さじ1.5/塩ひとつまみ/薄口しょうゆ小さ1)

サニーレタス……………3枚


さっぱりボリュームサラダ
●作り方
1. 牛肉は熱湯に通して冷水にとってから水気を切っておく。
2. エリンギは薄切りにして、さっとゆで、酢とワインをかける。
3. トマトはくし型に切る。タマネギは薄く切り、水にさらしてから水気を切る。
4. ドレッシングの材料を合わせる。
5. くずきりを袋表示に従ってゆで、食べやすく切り、熱いうちにドレッシング大さじ2をかけておく。
6. 肉、エリンギ、タマネギを合わせておく。
7.  皿にサニーレタスをしき、くずきり、トマトを並べ、Eをのせ、ドレッシングをかける。

◆ポイント トマト
トマトは、赤い色素のリコピンをはじめ、βーカロチンやビタミンC、ビタミンEが豊富で、抗酸化力は最大級です。また、老化防止や、がん予防、美肌効果なども期待できます。真っ赤な色や、さわやかな酸味、みずみずしい味わいなどは、夏の食欲を進めてくれるでしょう。

 


材料(2人分)       
飛騨牛モモ肉
(スライス)・・・ 200g
塩・こしょう・・・・ 少々
キウイフルーツ・・・ 1個
赤ワイン・・・・・・ 大さじ3
ニンニク・・・・・・ 1〜2片
オリーブ油・・・・ 適宜
バター・・・・・・・・ 10g
しょうゆ・・・・・・ 大さじ3
みりん・・・・・・・・ 大さじ3
万能ネギ・・・・・・ 1〜2本
大根おろし


箸(はし)で食べられるほど柔らかいステーキ 。
●作り方
1. 肉を広げ、軽く塩・こしょうをして、キウイフルーツのみじん切りと赤ワインを合わせたものに約10〜15分漬け込み、ステーキ形にたたむ。
2. ニンニクは薄くスライスし、万能ネギは小口に切る。
3. フライパンにオリーブ油を入れ、スライスしたニンニクをカリカリに炒めて取り出す。
4. バターを足し、肉を入れ、ふたをして少し焦げ目がつくくらいに両面を焼いて取り出す。
5. 4.のフライパンにAを入れて少し煮詰め、肉を戻してからめる。
6. 皿に盛りつけ、ニンニクと万能ネギを散らし、大根おろしを添え

◆ポイント キウイフルーツ
年中ある果物ですが国産品の旬は春。タンパク質分解酵素を持ち、肉料理のデザートとして食べると消化吸収を助けてくれるほか、食物繊維のペクチンが便通を良くします。ビタミンC・Eも多いので美肌効果も。飛騨牛モモ肉が、この酵素でさらに軟らかくなります。

 

材料(4人分12個)
●飛騨牛  50g
●白 米 360g
●クルミ  40g
●白ごま  15g
●カツオ節  50g
●味 噌 180g
● 酒  20g
●醤 油  10g
●砂 糖  35g
●みりん  20g
●ごま油  20g
●大 葉   5g
●ナ ス  70g
●トマト  90g
●ごぼう  40g
●ニンニク、ショウガ少々

飛騨牛の旨みがギュッと詰まった肉味噌を、ご飯の上にのせて香ばしく
焼き上げました。夏野菜が香り豊かな味わいをひきたてます。
●作り方
1. ご飯をすり鉢でつぶす。
2. 味噌とそれぞれの食材を合わせ、調味料で味付けする。
3. トマトは皮をむき、細かく切る。
4. ニンニク、ショウガはみじん切りにする。
5. 油をしいた鍋でCを炒め、そこにBのトマトを加える。
6. 角切りのナスとささがけしたごぼうをDに加え、だし・醤油・塩で味を調えて煮詰める。
7. 1.のご飯の形を丸く整える。
8. 2.の味噌をのせて、190℃のオーブンで15分焼く。
9. 8焼きあがったご飯の周りに、ごま油をさっとかける。
10. 刻んだ大葉を9.の上に飾ったら完成。
  出典:平成16年度 料理自慢コンクール
レシピ集(岐阜県)

 

材料(4人分12個)
●飛騨牛(しゃぶしゃぶ用) 12枚(約300g)
●人参 100g
●じゃがいも 200g
●グリーンアスパラガス  4本
●オクラ  8本
●十六ささげ  8本
●レッドパプリカ  1個
●大根 400g
●サニーレタス  1株
●糸寒天  20g
●おしょう味噌  大さじ3
●サラダオイル  大さじ1
●塩、こしょう  少々

柔らか飛騨牛にたっぷり野菜と今話題の糸寒天を巻いた、 夏にもさっぱりと頂けるヘルシーメニュー。
●作り方
1. 糸寒天は5cm位の長さに切り、水で戻して柔らかくなったら水気を切る。
2. 人参は千切り、じゃがいもは細切りでそれぞれ5cmの長さにし、湯通ししてから冷水にさらして水気を切る。
3. グリーンアスパラガスは茹でて半分に切り、十六ささげは塩茹でして5cmに切る。
4. オクラは塩もみをして湯通しし、冷水にさらしてから水気を切る。
5. パプリカは細切り、大根は摺り下ろし、レタスは洗って水気を切る。
6. 肉を広げて塩、こしょうをする。
7. A〜Cの材料をそれぞれ肉で巻き、各4本ずつつくる。
A. 人参、十六ささげ、糸寒天
B. オクラ、パプリカ、糸寒天
C. グリーンアスパラガス、じゃがいも、糸寒天
※肉の上に手前から2/3位まで材料が重ならないように並べ、おしょう味噌(大さじ1/4、約5g)を手前から1/3位の所に点々と置き、手前から巻く。野菜が肉の両端から出ても良い。
8. フライパンにサラダオイルを入れ、強火で手早く焼く。
※ 長時間火にかけると、糸寒天が溶けるので注意。

9. 8.を斜めに切り、レタスと大根おろしを添えたら完成。

  出典:平成16年度 料理自慢コンクール
レシピ集(岐阜県)
 
   
  Copyright JA Zennoh-Gifu rights reserved.